OCT(眼底3次元解析装置)

糖尿病網膜症による黄斑浮腫、最近増えてきている加齢黄斑変成、緑内障などの眼底疾患を瞳孔を広げずに詳細な検査が可能になりました。

緑内障による視神経のダメージを3次元で解析することで視野検査ではとらえられない初期の病気の発見も可能です。